トイレが近い おしっこ もれ解消!

トップページ >豆知識・情報> 尿もれする年齢 驚きの事実が明らかに!

尿もれする年齢 驚きの事実が明らかに!

尿もれは、介護を受ける年齢だけではなく、実は40代から急激に増加傾向にあります。

若い頃はストレスや女性ですと出産なども影響すると言われて、20~30代でもトイレが近い方もいます。下記はイメージ図ですが、年齢と共に増加傾向にあると思います。
gurafu.jpg

hiyaase.jpgあら嫌だ。下着が濡れている。
朝、出掛けるまえにいきなり尿もれ。
おかしい。力んでもいないのに。

急いでいるので、その場はやり過ごしたけど、外出先で急に尿意をもよおしたかと思って、まさかと思っってトイレに駆け込んだら、すでに濡れている。そんな経験をされている方もいます。

でもこれは、特別な病ではありません。

尿もれや頻用は専門用語では過活動膀胱と呼ばれ、さらに尿意切迫感や切迫性尿失禁、昼間・夜間頻尿などに分類されています。非常に身近な存在だといえます。

尿漏れは、お年寄りだけではなく若い女性の方もストレスから、頻用や尿もれになる方もいますので、トイレが近くて困っている人はもっと多いかもしれません。

恥ずかしいという方が多く、我慢している隠れ尿もれを抱えている方をいれると、かなり多いと予想しています。

50~60代では、仕事や家庭など将来への不安が現実化しています。さらに70代80代では、介護などを受ける場合も多くなり、身近に相談できる人がいない場合は、さらに問題は深刻です。

大事に至る前に、早めの改善が大切になります。
トイレが近い おしっこ もれ解消


Page Top ▲