トイレが近い おしっこ もれ解消!

尿もれする年齢 驚きの事実が明らかに!

尿もれは、介護を受ける年齢だけではなく、実は40代から急激に増加傾向にあります。

若い頃はストレスや女性ですと出産なども影響すると言われて、20~30代でもトイレが近い方もいます。下記はイメージ図ですが、年齢と共に増加傾向にあると思います。
gurafu.jpg

hiyaase.jpgあら嫌だ。下着が濡れている。
朝、出掛けるまえにいきなり尿もれ。
おかしい。力んでもいないのに。

急いでいるので、その場はやり過ごしたけど、外出先で急に尿意をもよおしたかと思って、まさかと思っってトイレに駆け込んだら、すでに濡れている。そんな経験をされている方もいます。

でもこれは、特別な病ではありません。

尿もれや頻用は専門用語では過活動膀胱と呼ばれ、さらに尿意切迫感や切迫性尿失禁、昼間・夜間頻尿などに分類されています。非常に身近な存在だといえます。

尿漏れは、お年寄りだけではなく若い女性の方もストレスから、頻用や尿もれになる方もいますので、トイレが近くて困っている人はもっと多いかもしれません。

恥ずかしいという方が多く、我慢している隠れ尿もれを抱えている方をいれると、かなり多いと予想しています。

50~60代では、仕事や家庭など将来への不安が現実化しています。さらに70代80代では、介護などを受ける場合も多くなり、身近に相談できる人がいない場合は、さらに問題は深刻です。

大事に至る前に、早めの改善が大切になります。
トイレが近い おしっこ もれ解消


Page Top ▲

尿 がまんできない失禁の危機

hiyaase.jpg「もれそう。トイレが我慢できない。」足にまでしたたり落ちる尿に唖然とした。

急に尿意をもよおしたかと思ったら、あっというまにおしっこをもらしてしまった。
赤ちゃんならわかりますが、大人の40代以上の女性(男性もあり)にまでこのような尿もれをする症状を訴える方が増えています。

尿もれが、我慢できないと勿論、失禁してしまいます。
それを1人で抱えて隠している方も多いです。


尿もれ失禁の予防手段

korekara.jpg尿もれをあらかじめ防ぐ2つの手段があります。

1つ目は、漏れても周りに広がらないように尿もれパッドなどを使う方法。

尿れパッドやおむつに抵抗感がある方も、いざという時のために装着されていると安心して、外出などができるメリットがあります。でも旅行などで周りの人に知られる恐れがあります。根本的な治療には、泌尿器科など医師の診療が必要になります。

2つめは、尿もれパッドと併用して尿もれの原因を予防・治療することです。

問題は近くの病院では、知人に知られる恐れもあることから、遠方に行くケースもあり大変です。治療以外に頻尿は、我慢する持続時間を伸ばしていいく方法や、体操などをする方法もあります。

それともう1つ、試されるのがサプリメントです。サプリメントは手軽なことから、試される方も多いです。その中で尿もれで調べると、必ずノコギリヤシを使ったサプリメントが紹介されています。
ノコギリヤシ サプリとは?


Page Top ▲

大人の尿漏れが増加傾向?

korekara.jpg近年、高齢化で介護が必要な方だけではなく、食生活や運動不足、ストレスなどの影響で、トイレが近くすぐに行きたくなったり、いく途中で漏らしてしまう方が増えているように感じています。

その理由の1つとして、介護用ではなくまだ年齢的には若い方が、自分用にオムツを購入されていることが、通販サイトのレビューや感想、口コミなどをみるとわかってきました。

いままで他人事だと思ってきた尿もれ。
おしっこをもらしてしまうなんて、私...病気かもしれない。
尿もれ 頻尿の人が増加しています。

トイレに行きたくなるケースでわかるように、ひん尿はどこにいても気になってしまい、いまこの瞬間も気になってしまいます。

長期的に尿もれが続く場合は、一度、医師の診断を受けるのが良いのかわかっているのですが、なかなか尿もれでは行きづらいという方も多いです。私もその1人でした。

病院にいっても、すぐに症状が改善されるか分からないので、まず外出などで漏れても良いように、大人用のおむつやパッドの使用が優先されます。

病院にいくこと自体がすでにストレスですから、自宅でできることで改善できるなら、その方が精神的なストレスも軽減できます。
尿もれ対策


Page Top ▲