トイレが近い おしっこ もれ解消!

食生活で改善する?

hiyaase.jpg心筋梗塞になるかも。
ドキットしました。

というのも頻尿は、水分の多い食事を避け飲み物もできるだけ控えるという人がいますが、心筋梗塞(しんきんこうそく)の危険があるからです。

水分を避けると血液の濃度が濃くなり、血栓などができてそれが血管などで詰まり、心筋梗塞だけではなく熱中症(ねっちゅうしょう)や脳梗塞(のうこうそく)、になる危険もあると聞いて、かなり怖くなりました。

尿を出すことは、体内の毒素を出すことなので、悪いことではありません。問題は頻度ですね。厚生労働省などのサイトでみたら、水分の補給は大切だと書かれていたので、やはり水を絶ってオシッコにいかないようにするのは、かなりリスク、危険なので避けた方が良いと思います。

食生活は、アルコール類などは利尿作用があるので避けた方が安心です。真夏に食べるスイカなどはカリウムが多く利尿作用があるので、食べ過ぎは頻尿になるかも。尿もれなどの心配がある方は、ちょっと避けた方が良いかもしれません。ただ抗酸化作用もあるので、メリットもあります。

利尿作用のある飲み物
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 日本茶
などカフェインを含んだ飲み物

利尿作用のない飲み物
  • タンポポコーヒー
  • 麦茶

水分や食事を偏食にしてまでおしっこのもれを改善するまえに、サプリメントを試して見るのがいいかもしれません。あまり改善が見られなければ、専門化に相談すると良いでしょう。

サプリで改善されたという方も多いのですが、飲むだけで安心感があるのが精神的に良いかもしれませんね。

Page Top ▲

トイレに行きたくなるケース

hiyaase.jpgおしっこもれそう。

事務仕事の途中で急に行きたくなるケース。間に合えば良いのですが、尿もれは待ってはくれません。
トイレに駆け込む時に限って、電話が掛かってきたり誰かに呼び止められたりします。

「おしっこがもれそうなんです!」なんて、とても言い出せません。

夕飯のお料理を作っている最中に、急にトイレに行きたくなる事も。でもガスに火を掛けているのを忘れて駆け込んで間に合えば良いのです、運悪く間に合わないと...その後、着替えて戻ってみると、お鍋が焦げてしまっていたなんてことも。これが天麩羅などを揚げていたら、火事になっていた可能性もあります。

疲れてぐったりして、ベッドに入ったらおしっこが近く、トイレに駆け込む。そして戻ってきて寝よとしたら、また行きたくなってしまう。頻尿は気になり出すと、行きたくて仕方なくなります。それをなんとか我慢していると、漏れてしまう。

小学校の時のクラスのメンバーと久々にあう同窓会。楽しみにしていたのに、長時間の外出は無理。ジュースやお茶も飲むと、近いのでおしっこになってしまう。そんな恐怖観念が先に頭に浮かんでしまいます。

こんな繰り返しなので、旅行に行ったってトイレが気になってしまい、景色よりもトイレを探す羽目になり、とても楽しめません。なんとかしなくちゃ。でも病院に行くのが恥ずかしい。

そんな時に、良い物があるって聞いたのが、にょうもれで常に名前を聞くこのノコギリヤシのサプリ

万能ではないので、試してもあまり改善されなかったら、泌尿器系の病院で精密検査を受けるのが良いと思います。
幸い私は頻尿・尿もれは通院せずに自分でなんとか改善しました。

Page Top ▲